浮気調査|夫婦の悩み・原因・対処法をわかりやすく紹介

*

夫に浮気未遂の過去があるので浮気の疑いをかけてしまうときの心の持ち方

      2016/02/13

浮気未遂の実績がある夫はまた浮気する?

過去に浮気未遂があった夫に、一度見逃してあげたり許したことで、また浮気をしていないだろうか、という不安はどうしても出てしまうものですよね。

今回は、浮気未遂を許した過去の実績から、また浮気をしようとしているのでは? と夫のことで悩んでいる人のために大切なことをまとめました。

浮気未遂で終わっていることに誇りを持っても良い

浮気未遂に終わったということは、浮気は完遂できていない状態です。未遂に終わっているので、浮気は成し遂げていません。夫の浮気を未遂で終わらせたことができた過去があるのなら、妻はそういう自分に自信を持つべきです。

見逃したことや、許したことによって浮気を最後までやることなく、途中で引き返した夫。
貴方の対応が正しかったから、そのときの夫は浮気を最後までしなかった、と解釈することができるからです。

浮気未遂をした夫に浮気の心配が出たらどうするか

浮気未遂に終わらせることができた過去は、妻の貴方の対応が正しかったから、未遂に終わらせることができたといえます。まだ浮気を完全にやりとげたわけでもないのに、浮気だと責めなかったことが、正解だったからです。

浮気をやる前から浮気しているんでしょう、という言葉は、疑われていることを口に出して言われるほどに、その通りになってしまう、という傾向があります。

再び夫に浮気をしていないかどうかという心配が出てきたら、前回の浮気未遂に終わった時の自分の対応を思い出してみましょう。

見逃したということは、信じているという態度とも共通するので、旦那が改心してやめたということも考えられます。苦しくなったときは、浮気が未遂に終わったときの自分の対応を思い出しながら、そのときの対応をもう一度くりかえしてみることも良いかもしれません。

浮気未遂は未遂なので状況次第でどのようにでもなる

浮気未遂で終わった過去があっても、再び同じ相手にチャレンジしていることも、少なからずあるものです。どうしてもその相手と付き合いたい、遊びたいという思いが強ければ、安心できないこともあります。

それでも、実際に浮気を未遂で止めさせられた実績もあるので、悩むのは、本当に浮気の気配が出た時に改めて心配すれば良いのではないでしょうか。浮気をする前から、過去がこうだったから、またするかも、と心配していては身が持ちません。

疑念を持ち続けることは、ストレスがかかり疲れるので、本当に浮気を始めてしまった場合のみに悩むという切り替えも結婚生活では必要なのかもしれません。

まとめ:本当に浮気が始まってしまってから悩みましょう

浮気未遂で終わらせられたのであれば、その過去に自信を持ちましょう。自分の対応が正しかったからこそ、浮気が未遂で終わったという証でもあるからです。未遂でも、過去にそのようなことがあれば、心配する気持ちが出るのも人としては当然の感情です。

乗り越えるためには、浮気の疑いを浮気が始まる前からかけるよりは、自分の世界を充実させ、ありもしない疑念で心を埋め尽くさないことが大切です。その方が、旦那も妻に夢中になってくれる傾向が強まるからです。

 - 浮気の悩み