浮気調査|夫婦の悩み・原因・対処法をわかりやすく紹介

*

妊娠中に浮気が発覚しても母体と子供を最優先し負担のかかることは避ける

      2016/01/20

妊娠中に夫が浮気…どうすればいいの

妊娠中に旦那の浮気が発覚した。これって本当に許せないですよね。あなたの子供でもあるでしょ、そんなときに何をやっているの。と旦那に言いたくもなりますよね。でも、今も妊娠中で情緒不安定。あるいは、産後で情緒もまだ不安定だという境遇に居る方は多いものです。

今回は、産前産後の最中、旦那の浮気が発覚し、ご自身の情緒不安定でも悩み苦しんでいるという方のための、こんなとき、一体どうしたら良いの? ということについて考えたいと思います。

妻の妊娠中に浮気をする背景

妻の妊娠中に、夫が浮気をするということは、度々世間でも見受けられる話しです。

里帰り中の妊娠中こそ浮気のチャンスという感覚で、気軽に浮気を楽しむタイプから、妊娠という一つの節目から夫婦関係に変化がおきたことによって、浮気をするタイプまでいます。

妊娠中の浮気は、スポーツ感覚でライトに楽しむ悪質な男性も居ることは確かです。元からそういった悪質な面があるのではなく、妊娠している妻を目の当たりにして、今ならチャンスかな、という感性が新しく芽生える人がいるからです。

このタイプは、出産して落ち着くことで、浮気相手とあっさりと縁を切る人もいるので、慌てず騒がず、状況を見守っても良いケースもあります。ただし、やはり証拠だけは集めておいたほうは良いでしょう。

貴方が今も妊娠中なら

旦那の浮気が発覚した。

でも私はまだ妊娠中で情緒も不安定だ、という人は、まずは優先順位をはっきりしたうえで行動していくことが望ましいです。お腹の子供の安全と貴方の身体の安定が最優先なので、精神的に負荷のかかる行為は避けた方が無難です。

自分自身が、精神的に辛く感じることは産後にとりかかっても十分間に合います。例えば、浮気相手への慰謝料請求の事務手続きの類です。慰謝料請求の期限は、相手を知った時から3年、不倫行為から20年という時間があるからです。

いやいや、私は、精神的にそんなことはきつくないわよ、逆に請求してスッキリした方が精神的には安定するわ。という人であれば、そういった事務手続きにとりかかっても良いかもしれません。

ただし、やはり妊娠中というのは、特別な状況であることは事実なので、いつもの感情とは別の感覚でいることは自覚しておいた方がいいでしょう。情緒不安定であったり、ハイテンションになってみたり、ということがあるからです。

まとめ:妊娠中の浮気発覚は証拠収集に集中することが無難

人によって、どんなことが精神的に負荷のかかることになるのか、ということは個人差が大きい問題なので、自分で自分によく問いかけて決断すると良いでしょう。精神的に負荷のかかることは、母体にとって、良くないことだからです。

妊娠中にやっておきたいことは、証拠だけは妊娠中でも集めておいた方が良いということです。妊娠中の浮気は、産後も継続していくのか、出産後から消えるのか予測不可能でもあり、状況次第で変化するものだからです。

 - 浮気の心理