浮気調査|夫婦の悩み・原因・対処法をわかりやすく紹介

*

証拠を集めは夫を信頼していないことになるかもしれないと悩んでいる人へ

      2016/01/20

特定人物との定期的な浮気は長期化しやすい

浮気の証拠を集めようか悩んでいる方は、夫を信頼していない裏返しになりそうで、やるにやれない、やっぱり信じてみようかな。と思っている方も多いものです。

信じる姿勢で暮らしていれば浮気を止めるかもしれない、と希望を持つ方もいます。確かにそういう一面もあることは否定できませんが、定期に入っている浮気は、そう簡単に止まらないことも事実だと心得ておくべきです。

「頼信頼していないようで心苦しい」と「証拠を集めたい」は相反するものです。何故、証拠集めをしようと思ったのかは、自分が一番分かっていることなので、心苦しいという感情は一旦横において証拠を集めることです。年齢が上がるにつれて、浮気は長期化しやすくなるからです。

浮気は年代が上がるほど別れにくい

人は、年齢を重ねるほどに異性と別れにくくなる、という傾向があります。これはもちろん個人差もありますが、やはり傾向としては年代が上がるほどに浮気相手との交際期間も長期化していくという割合は高まっていきます。

理由は、若い世代であれば、少しでもお互いに気に入らないところがあれば別れるからです。若いので、浮気相手も次を確保しやすい傾向もあるからです。

年代が上がるにつれて、経験値も増えるので、少し違うと思っても折り合いをつけていくので簡単に別れなくなります。「信頼していないみたいになるから証拠を集めない」は、得策だとは言えません。

単発の浮気で終わっていないからこそ証拠と悩んでいる自覚を持つ

異性関係は体の関係なくして成り立ちません。法的に浮気と認められるのも、肉体関係があってのことです。

浮気の最大の目的である体の関係も、年を重ねるほどに関係性の持続力が高まるので、なかなか別れることがありません。回数を重ねるごとに馴染んでいくということを、経験値から分かっているからです。

若いと、浮気の場合、体の相性が悪ければ簡単に関係を解消する傾向もあります。ただし、個人差があることは、念頭においてください。「証拠を集めたい」だけど、「信頼したい」という感情が自分に混在していることに着目して決断すると良いでしょう。

相反するものが二つ同時に心にあるという状態は、女の観察力で見た結果だからです。

信じたいのは証拠という都合の悪いものを見て傷つきたくないから

なんだか信頼していないみたいな態度になるから証拠集めはやめておく、というのは、長い目で見ると、得だとはいえません。既に悩んでいる時点で、浮気の気配があることは確定しているからです。

単発や短期の浮気であれば、証拠を集めは信頼していない態度になると深刻に悩むこともないからです。

慰謝料請求には期限もあります。興信所に調査依頼する、そのことが信頼していないみたいだ、と悩んでいるのは、女性の観点から見て旦那にそういった気配があるからこそ、悩んでいることなのだ、という自覚を持つことです。

既に証拠集めについて悩んでいる、でも信じていない裏返しになるからとも悩むというのは、自分が証拠を見たときに受け入れる自信がないという心理が働いているところからきています。

まとめ:覚悟を決めれば証拠集めは信頼していないことになると悩まなくなる

信頼していないみたいで、浮気の証拠を集めることを悩んでしまう。

そんなときは、その悩んで苦しんできた過程を振り返れば、もともと何で、自分が浮気の証拠を集めようとしていたのか、という原因を思い出すことでしょう。

腹を括れば、信頼していないという悩みから開放されて、一つ前進することができます。

 - 浮気に対しての行動