浮気調査|夫婦の悩み・原因・対処法をわかりやすく紹介

*

40代の妻が抱きやすい不満から浮気防止策を対策することは大切

      2016/02/12

40代の妻の浮気について

40代の妻が浮気願望を持つ経緯と40代の妻を持つ夫の浮気防止策について触れていきたいと思います。

度重なる夫の浮気の仕返しに自分も浮気をすることがある

浮気癖のある夫を持つ40代妻の場合、報復とばかりに浮気をする妻がいます。浮気仕返すことは決して褒められることではありませんが、一度でも真面目に相手の気持ちになってみたことがありますか?

長年に渡り浮気を繰り返してきた夫を持つ40代妻の場合、子供のため、仕事に影響が出かねないため、家族の手前、ということから相手の女性に慰謝料請求もせずに耐え忍んできた女性もいるのです。

何度も裏切られ浮気をされて40代になった場合、妻の立場で考えてみると分かることですが、自分も浮気でもしなければ、とても精神的に持たないということも理解できますよね。

何度も浮気をしてきた夫の場合、妻の浮気防止のための方法としては、妻を大事にするしか手段は他にないでしょう。

夫がマザコンすぎると浮気したくなる

結婚生活もそれなりの年数を経ているので、夫の両親と同居していなくても、それなりに義理の両親との付き合いの数も重ねてきていますよね。

そこで、義理の両親の理不尽な振る舞いも妻を一切庇うことなく、自分の両親を優先していると、浮気願望が芽生えてくることもあるのが40代の妻です。

義理の両親の目に余る行為も見逃し、妻をフォローすることもない。そんなことが、ましてや同居で続いているなら、もうこんな家、嫌だわとなるのは当然です。安らげる心優しい男性が現れれば、その人のもとに飛び込んでも何ら不思議はないです。

妻のことも適度に立てる、フォローするという夫の姿勢は、40代の妻の浮気願望を思いとどまらせる態度につながるといえるでしょう。

遊び人の女性を妻に迎えた場合

40代後半はバブル世代で、引き続き当時のテンションのまま、結婚してからも遊んでいる人妻もいるくらいです。40代後半でも浮気性の妻の場合、バブルの名残でそのまま浮気をする、繰り返すということがあります。

対策としては、子供がいるなら習い事をさせてその送り迎えを夫婦で一緒に休日にするなど、なるべく家族と一緒に行動する機会を増やすことで、浮気する時間を減らすということができます。

遊び慣れているのがこのケースに該当する妻なので、男性の扱いも上手いのも特徴です。夫よりも条件の良い浮気相手が居れば、子供の成人後に本当に再婚する人もいるので、夫としては、浮気の時間を与えない、セックスレスにならないようにする、などの努力が必要です。

まとめ:40代の妻が嬉しいことをするのは浮気防止につながる

40代の妻は、妻の私が我慢しているから、この結婚生活は続いているという自覚を持っている人も多いものです。こういった要因が40代の妻には共通点として多くあるのも特徴です。

以上の背景から、たまにはレストランで夫婦ゆっくりと食事をする、いつもどうもありがとうというサプライズをプレゼントする、など優雅なひとときを提供することも、40代の妻は嬉しく感じるものです。このような気遣いも浮気防止には有効となるはずです。

40代でも再婚をする人は多いので、妻の浮気が全く止まないのであれば、それなりに証拠を集めることは対策として打っておいた方が良いといえるでしょう。

 - 浮気・不倫の防止方法