浮気調査|夫婦の悩み・原因・対処法をわかりやすく紹介

*

30代の妻の浮気防止のために夫が結婚生活で気をつけたいこと

      2016/02/12

30代の妻の浮気・不倫の背景は結婚年数でも変わる傾向がある

20代に結婚をしている30代の妻の場合、結婚生活にも慣れてきています。結婚生活がある程度の年数を経過したことから出る30代の妻なりの不満の浮気があります。

30代に入ってから結婚をして、まだ年数の浅い結婚をした妻もいますが、前者と後者では浮気に至る背景が違います。今回は30代の妻の浮気に至る経緯と防止策について触れていきたいと思います。

セックスレス・セックスの不満による浮気

早くに結婚をした30代妻の場合、夫婦間でセックスレスになっていることがあります。

夫がメタボになったとか、愛情の欠片も見られないとか、夫の浮気によるセックスレスなどいろいろな要因がありますが、30代の妻は、健康状態が通常であれば性欲の強い年代とされています。

そこにセックスレス状態があると、当然他に男性を求めるという傾向も見られます。セックスの不満がある場合、ワンパターンで完全に消化型のセックスだとかで気遣いも見られない、ということから他の異性を求めることもあります。

どの年代でも性別問わず性ックスレス、セックスにおける不満は浮気の原因になっているものですが、30代の妻の場合、性的にも楽しみたい年齢である、性的欲求も強いという傾向があります。

浮気防止には、妻に生理的に不快な印象を与えない、性的に満足できるように夫が努力することは、30代の妻の浮気防止になりうるといえそうです。

30させごろ?

30させ頃、40し頃、50ゴザむしり。なんていう言葉があります。

ちょっと下ネタの話題になりますが、言葉の通りで30代女性はさせ頃として、性的に開花しているという意味の言葉です。それだけ性的に成熟し始めているのが30代の女性なので、そこをしっかりと自覚している夫は、妻の浮気防止がしっかりできる、といえるのかもしれません。

ちなみに40し頃も、30させ頃同様にやり時である年代で、ゴザむしり50代は、ゴザをかきむしるほど性的な快楽を知っている、という意味です。

結局、性的な問題は満足していれば浮気には走りにくい、ということがこの言葉からも垣間見えるものがある、ということがいえます。

セックスレスの危険性を自覚できるほど浮気防止につながる

30代の妻は純粋にセックスを楽しみたい願望のある人が多いものです。そこにレスだったり、おざなりなセックスをしていると、浮気願望がむくむくと出るのも30代の妻の傾向です。

夫がセックスを拒否し続けていることで、裏で涙している女性は多いものです。それが浮気や離婚につながっていくので、特別な理由がなければ夫婦安泰のためにも、レスは避けた方が良いといえます。

レス生活が長いと、浮気をしてやろうか、浮気相手を見つけたい、と囁いている30代のっ妻は多いからです。もっと言うと、女性用風俗を検討している30代妻も実際に居るくらいです。

30代の妻が夫婦間でレスになったことにより、女性用風俗はあるのか?だとか、女性用風俗を利用したいとまで言っているこの現実。あなたは、この現実をどう考え、どう対処していきますか?

30歳を過ぎてから結婚した妻を持つ夫の浮気防止策

30代の妻の場合、若い時に出会いがなかった人であれば、作られた出会いにより30を過ぎてから急いで結婚した人もいます。結婚まで数ヶ月ということもよくあるので、妻に幻滅されるほど、豹変しないという努力も必要です。

夫の素に、あまりにも驚く事実を目の当たりにすると、こんなはずでは……。ということから浮気願望が芽生えることがあるからです。

まとめ:30代の妻で子供がいないときは

30代の妻で子供がまだいないとき、それで夫に不満が強いときは、浮気から離婚に踏み切ることも多いものです。

理由は、我慢の限界を発端に、30代であればまだ出産が可能であること、最後の恋愛のチャンスに挑みたい、という思いに至ることがあるからです。

出産と結婚がラストチャンスでもあると言われている30代の女性は、子供がいない妻であれば、再婚しやすいこともあります。だからこそ30代の妻に浮気の気配が見られたら、興信所を頼ることも検討するべきだといえます。

 - 浮気・不倫の防止方法